スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔ADC⑦〕

や、ボタンだよ

最近ADCの人の記事しか書いてない気がするけど気のせいだよね
【ビルド基礎】
ロールやチャンピオン毎である程度ビルドは決まっているので、
一度鉄板ビルドを知ってしまうと毎回同じビルドにしてしまいがちですが
チャンピオンの強さが装備に依存しやすいADCは、ビルドも状況に応じて変化させる必要があります

レーン戦でgoldを稼いでも、買うアイテムがイマイチだと効果は薄いです。
どんなにキルやCSを取ってgoldを稼いでも、買うアイテムを間違えれば全て無駄、自ら優位を帳消しにすることになるのです。
大雑把にですが、ADCのビルドについて書きます。

※最適なビルドというのはパッチによる仕様変更で(コアビルドですら)変わってしまうことがあります。
 情報収集は都度かかさないようにしましょう。
 この記事はパッチ6.9時点でのものです


■スタートアイテム
スタートアイテムはドラン剣+ポーション1個になります。healthpotion.jpgitem_doransblade.jpg

これはおなじみというか固定みたいなものなので特に疑問なく買ってるかと思います。
ドラン剣の変わりにカルを買うという選択肢も一応あります。item_cull.jpg

対面がジャナやソラカみたいな、ファーム合戦になりそうな感じならば買ってもいいと思います。
比較すると
AD:ドラン剣8  カル7
LS:ドラン剣3% カル3固定(on-hit)
ヘルス:ドラン剣80 カル0

で、AD&ヘルスで優位になるドラン剣のほうが、戦闘能力は上昇します。
ドラン剣 VS カルの戦いになるとドラン剣有利となりますので、一応ビルド差は発生しており既にカルが若干不利です。
何も考えずに両者殴りあえば、勝つのはドラン剣側ということになります。
しかしカル側には固定知のLSとgold回収のパッシブ効果という利点があります。
まずLSについてですが、対ミニオン(アーマー0なのでADの分だけダメージが出ます)でのLSを考えると
ドラン剣がカルにLSで勝つにはAD100以上が条件になります。
AD3桁になる頃には序盤戦は終了しており、カルVSドラン剣の差なんてほぼどうでもいい時間帯になっていますので、
LSによるサステインは基本的にカルが優位ということになります。
gold回収について、カルのパッシブでCS1毎に+1gold、100CSとると+350goldというオマケがついてきます。
カル買ってから100CSとってしまえば、450G追加収入があるため、コアビルドを揃えるのが若干早くなります。

差を感じるという意味でどちらも試すのはいい事ですが、ドラン剣のヘルス80の恩恵がレーン戦ですごく大きいので、
基本的にドラン剣スタートと考えていいと思います。




■コアビルド
コアビルドとは、チャンピオンの特性を活かす上で絶対に必要なアイテムで、買うアイテム自体は固定です。
まずはコアビルドを揃える事から考えます。
・ADの上がるアイテム
・AS(+Crit)の上がるアイテム
・靴
基本的にこれら3アイテムで考えます。
レーン戦自体は勝っていても、他レーンに干渉するのは基本的にコアビルドが揃ってからが無難です。
自分はコアビルドが揃ったかどうかを基準に考えています。
コアビルドについて、簡単に何例か出します。

①インフィニティエッジ+ラピッドファイアキャノン+靴item_infinityedge.jpgitem_rapidfirecannon.jpgitem_bootsofspeed.jpgitem_berserkersgreaves.jpg


インフィニティエッジ(3600G)+ラピッドファイアキャノン(2600G)+AS靴(1100G)で
合計7300G必要になります。
買う順は
BFソード→ジール→靴(300G)→RFC→IE→靴(進化)が基本になります。
IEのクリティカルダメージ増加と、RFCのAS+クリティカル率増加により、AAのダメージが高水準となります。
アイテムの強さだけで考えると、開幕からIEの素材だけを買ってすぐIEにいくのがいいんですが、
3600Gと高い+完成するまでは強くないため、完成までレーン戦がきつくなりがちです。
そこでRFCをまず完成させ、ASを安定させミニオンコントロールの安定+ハラス量の増加をはかる狙いです。
しかしADアイテム0でRFC直行すると、手数は多くてもダメージ不足に陥るため、BFだけ買っておくのが無難です。
リコールのタイミング等で1300goldにいっていない時は、ピッケル(875G)で代用するのもありです。
靴購入&進化のタイミングも、リコール時のgold都合次第で前後させても大丈夫です。


②エッセンスリーバー+スタティック・シヴ+靴item_essencereaver.jpgitem_statikkshiv.jpgitem_bootsofspeed.jpgitem_ionianbootsoflucidity.jpg

エッセンスリーバー(3600G)+スタティック・シヴ(2600G)+CD靴(1100G)で
合計7300G必要になります。
ERは、IEと違いクリティカルダメージ増加なしのため、AA自体は弱くなってしまいますが、
CD低減(最大30%)とCrit発生時のマナ回復効果があるため、スキルファイターよりのADC(ルシアンとか)が積みます。
ビルド順は
ER→靴(300G)→shiv→靴進化となります。
3600goldでもIEの時と違い直行しているのは、このビルドになるADCはスキル依存度が高めなチャンピオンのため、
AS増加させなくてもレーン戦は何とかなるからです。
買ったときの恩恵がデカイERをまっすぐめざすのがお勧めです。

これ以外にも、王剣を目指すvayneやIGを目指すEz等例外なチャンピオンもいますが、
基礎ということでここでは紹介省きます。




■その後のビルド候補
コアビルドが揃えば、ADCとしての役割を果たす最低限の装備は出来上がったことになります。
ここからのビルドは状況を見て何を積むか考えなければなりません。
ざっくり分けると
①さらに火力を伸ばす
②LSを増加させ殴り合いに強くする
③防具を買い耐久力を上げる
④相手のCC対策をする

から選ぶことになると思います。

①さらに火力を伸ばす
ADやASを伸ばし、DPSをさらに高める事でより明確に役割を果たす狙いです。
レーン戦で圧勝した場合などはよくこの選択肢に行き着きます。
候補となるアイテムはブラッドサースターやIE(コアビルドがERだった時ネ)、ラストウィスパーあたりになります
item_thebloodthirster.jpgitem_lastwhisper.jpg


②LSを増加させ殴り合いに強くする
LS増加によりタイマンの殴り合いはかなり強くなります。
相手のタンクが張り付いてきた場合も、そんなに育っていなければタンクを無視してやわらかい敵から狙う等の選択肢もでてきます。
候補となるアイテムはブラッドサースター、ルインドキング・ブレード、マーキュリアル・シミターとなります。
item_thebloodthirster.jpgitem_bladeoftheruinedking.jpgitem_mercurialscimitar.jpg


③防具を買い耐久力を上げる
相手のアサシン等が育っていて毎度簡単にワンコンされてしまう場合に防具を買います。
事故死を防ぐ事が狙いです。
候補となるアイテムはステラックの篭手、マルモティウスの胃袋、バンシーヴェールあたりになります。
item_steraksgage.jpgitem_mawofmalmortius.jpgitem_bansheesveil.jpg


④相手のCC対策をする
ADCという時点で、相手にCCでキャッチされたりフォーカスされるようなことがあれば多少の防具を積んだところで
簡単に死んでしまいますので、キャッチされるのを防ぐためにCC阻害効果のある装備を買います。
候補となるアイテムはバンシーヴェール、マーキュリアル・シミター、スイフトネスブーツあたりになります。
item_bansheesveil.jpgitem_mercurialscimitar.jpgitem_bootsofswiftness.jpg


■ビルドの選び方
アイテムを選ぶ時の考え方について、自分もネットで調べたり動画を参考にしたりしましたが
基本的に自身の経験則から考えたものになるので、これが絶対だと思わずに自分なりに色々考えて試してみるといいと思います。
その取っ掛かりとして、参考程度に考えてもらえればと思います。

①LWが必要かどうか?item_lorddominiksregards.jpgitem_mortalreminder.jpg


これはコアビルドが終わった後真っ先に考えます。
集団戦におけるタンク処理はほぼADCが担うことになります。

敵タンクがアーマーを大目に積んでいる(又は積みそう)時は、必ずLWを買うように心がけると安定します
この場合立ち回りもオーソドックスに、相手の前衛から順番に、セーフティーに殴っていけばいいのでオススメです。
LWは赤と青で2種類ありますが、赤の場合は相手のヘルスが高い場合に追加ダメージが発生するのでタンク処理には最適です。
青の場合は追加ダメージがありませんが、重傷というデバフ(回復効果の阻害)がついていますので、ムンドやナサス、スウェインが敵にいる場合オススメです。
※タンクではありませんが相手サポートがヒーラーの時も便利です

LWを積む上で注意しなければならないのが、LWの物理貫通効果は対象のボーナスアーマーにのみ適用されるという点です。
つまり、相手がアーマー上昇装備を積んでいない場合は効果が発揮されず、コスパの悪いアイテムということになってしまいます。
相手のイニシエーター、タンクの装備をチェックしながらLWを買うかどうか、またそのタイミングを考える必要があります。


LSアイテムの使い分けitem_thebloodthirster.jpgitem_bladeoftheruinedking.jpgitem_mercurialscimitar.jpg

集団戦でお互いの陣営のタンクが死んでしまい、キャリー同士の戦いとなったときにLSの有無が勝敗の分かれ目となりやすいです。
LS上昇アイテムは血剣、王剣、サッシュ剣の3つから選ぶことになります。
血剣は高AD+高LSに加えてシールド付与の効果もあるため、殴り合い性能は抜群に高いです。
王剣はAS上昇に加えAAに敵ヘルス依存の追加ダメージ、があるため、タンクに対する性能が高いです。
アイテムのアクティブ効果によるスローにより逃げ撃ちを可能にしたり、敵を追う状況で捕まえたりもできるため便利です。
サッシュ剣がアクティブ効果による自身のCC除去+MS増加により安定度が高まります。
またMRも上昇するため、CC除去もあるため対メイジに対してはかなり有効なアイテムになります。

③耐久力を上げる
基本的にADCはダメージを出すことが役割になるので、防具を買うことは推奨されません
多少防具を買ったところで死ぬ時は死ぬ、がADCの常なのでgoldの無駄になる場合が多いからです。
しかし相手アサシンが毎回自分を無理やり殺しに来る場合等は、防具1つ積むだけで何とか耐えられたりするシーンもあります。
味方がどれだけ守ってくれるか、相手の育ち具合、自分の育ち具合等で状況は変わりますが判断は結構難しいです。
自分も"どうしようもない!"と思った場合に買うことがありますが、選択肢としてはほとんどありません。
基本的には立ち位置や集団戦の立ち回りで、より安全に動くことを念頭に対策すべきです。


④相手のCC対策をするitem_bansheesveil.jpgitem_mercurialscimitar.jpg

これはバンシーとサッシュの2択ですね。
ブリッツのグラブやリーシンのキックのような強制移動付きのCCにはバンシーが有効で、
モルガナのスネアやTFのカードのようなその場に立ち止まってしまうCCにはサッシュが有効です。
また、相手がスロー効果のあるスキルの多い構成の場合は、スイフトネスブーツも候補となります。
AS靴やCD靴と比較すると火力が落ちてしまいますが、MSもより上昇するため距離をとりやすくなるのでオススメです。
ディフェンシブなアイテムを買う場合、③より④を選ぶことがほとんどになると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぼたん・Aryud

Author:ぼたん・Aryud
botan
sn:botanh Plat2
sn2:botanhh Lv15

Aryud
sn:aryud Plat5
sn2:

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
6310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
882位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
かうんたー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。